老化が気になってきたら

顔の手入れ

よく聞く言葉だけど

アンチエイジングとは抗老化医学のことでもあり、加齢による身体的な機能の衰えを可能な限りに抑えるという意味合いで使われるのが一般的です。簡単に説明すると老化を抑えていつまでも若々しくいるために行う行為ということになります。老化は何らかの対策を取らないと自然に進んでしまうため、アンチエイジングをするという方は近年増えつつあります。注意しておくべき点としては、アンチエイジングとよく似た言葉にエイジングケアという言葉がありますが、この二つの言葉には基本的に大きな違いはありません。化粧水などのキャッチコピーなどにアンチエイジングやエイジングケアと表記されているのを見たこともある人も多いと存じますが、これは薬事法の関係でそのような表記になります。

原因を知ってより効果的に

アンチエイジングに欠かせないアイテムのひとつに化粧水があります。加齢と共に顔にどうしても目立ってきてしまうシミ、しわ、ほうれい線などには極めて有効なアイテムになっています。化粧水をより効果的に使用するための工夫には、まず肌が老化する原因を知っておくことが大切です。肌の老化の原因は大きく分けると3つあり、一つめは酸化です。酸化は空気中の酸素を吸っていると起こる現象で、これに紫外線、飲酒や喫煙、ストレスなどが加わると更に酸化が早くなってしまいます。二つめは光老化で、これの原因は紫外線で紫外線にあたりすぎるとシミやしわの原因になってしまいます。三つめは皮膚の大敵である乾燥です。アンチエイジングの際に化粧水を用いるのでしたら、自分が上記の三つの原因どれにもっとも当てはまるかを考えて工夫して選ぶようにしましょう。